ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

ネットビジネス大百科とは

ネットビジネス大百科は、2007年5月に発売され2014年現在までに累計2万本以上販売されているインターネットビジネスのバイブル的な起業講義

制作者は17歳で年商1億円のビジネスを創りあげた、車椅子の天才和佐大輔さんと、京都大学卒コピーライター木坂健宣さんの2名による個人がゼロから新しいビジネスを立ち上げるための実践型起業講義である。

「楽して稼げる」といったタイプの講義ではない。

ネットビジネス大百科は、インターネット上によく出回っている「これをやれば、あなたも100万円稼げる」といったような即効性や誇大広告されているようなものではない。ネットビジネス大百科は買えばすぐに稼げるといった内容ではないが、流行り廃りによらずどんなビジネスにも応用がきく本質的なビジネスの作り方を学ぶことができる起業講義である。

簡単に言えば、

  • ビジネスとは何か?
  • インターネットで、お金を稼ぐとはどういうことか?
  • 失敗しない起業やビジネスの作り方はどういう手順でやればいいのか?
  • 自分オリジナルの商品をどうやって開発していけばいいか?
  • インターネットを使って、どうやって自分の好きなことや、やりたいことを仕事にしていけばいいのか?

ということをわかりやすく教えている。ネットビジネス大百科は、楽してネットで早く稼ぎたい人にはまったく役に立たないが、本気で自分でビジネスを創る人には、起業の設計図とも言える希少な経験が含まれている。

入手方法は、ダウンロードのみ。

ネットビジネス大百科はCDや冊子などの配送は一切されておらず、購入者専用サイトからダウンロードすることで入手する。2万本の販売実績があるとはいえダウンロード販売のみということもあり、一部の起業家や経営者、マーケッターには信頼性が高い講義であると認識されているが、 公式サイトの販売ページの胡散臭さ から一般の人にはほとんど知られていない知る人ぞ知る伝説の講義である。

販売開始から7年。2万本以上の販売実績をもつロングセラー。

現在までのところ継続して販売されているが、ネットビジネス大百科は既に販売開始から7年近く経っている。いつ販売が終了してもおかなくないので、必要な人は早めに入手しておくことをお勧めする。7年もの長期間にわたり売れる講義というのは、数えるほどしかない。

ネットビジネス大百科内容解説

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング