ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

アフィリエイトサービスに申し込む

アフィリエイトを始めるには、アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)と呼ばれるインターネット上の広告代理店に申し込む必要がある。ASPと契約をすることで、大手企業や商品の広告をきみのブログやウェブサイトに掲載できるようになる。報酬も、ASPからきみの銀行口座に直接振り込まれる。

契約といってもなんら難しいことではない。ASPのウェブサイトにある申込フォームに必要事項を記入し、送信ボタンを押すだけだ。ASPの登録は無料でできるので、お金も必要はない。違いを生むのは「やるか、やらないかだけ」だ。

日本国内の大手ASP

A8.net

日本国内最大手のASP。A8.netはブログやホームページを持っていなくても申し込むことができるので、アフィリエイトをやるならまずはここに申込みをすること。広告主から直接裏話が聞ける、会員限定イベントも活発に行われているぞ。

アフィリエイトB

2つ目はアフィリエイトB。ここも絶対に抑えておくべき。商品数も豊富なので、きみが売ってみたいと思うような商品を探すことができるだろう。ブログやホームページを持っていることが前提となるので、自分のブログやホームページを作ってから申し込もう。

まずは、A8.netとアフィリエイトBに申し込もう。

申し込みが終わったら、「どんな広告があって、いくらぐらいの報酬がもらえるのか」自分の目で確認してみるんだ。100円のものもあれば、50,000円のものもあるのが、アフィリエイトの世界だ。

アフィリエイトサービスに申し込むときの注意点

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング