ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

スティーブ・ジョブズの我が侭な生き様

どうも、和佐です。

2011年10月5日未明、僕の敬愛する「スティーブ・ジョブズ」氏が56歳という若さでこの世を去りました。

この件に関しては、世界的に見ても、また、ビジネスの業界でも、多くの人が追悼の意を表し、そして、彼の偉大な生き様について、各々が感じることを綴っています。

彼はご存知のとおり、Apple社において、Macintoshの開発から、iPod/iPhone/iPad/iMacなどの革新的な「未来の製品」を生み出すことに尽力してきた人物です。

彼は常に「新たな未来」を「現代」に表現してきたと言えます。

僕は4年ほど前、iMacを購入したことを皮切りに、Apple製品の虜になりました。

文字通り、魅了されたのです。

今では、iPhone以外の製品は、ほとんど、と言っていいほど愛用していますし、今この瞬間に、この記事を書いているのもiMacです。

素晴らしいコンテンツを創作したいならMacを買え

と、僕のクライアントには口をすっぱくして言い続けて来ましたし、実際に、僕の身の回りのクライアントや経営者の4割以上はMacジャンキーです。

彼は本当に素晴らしいものをこの世に生み出してくれました。もちろん、ジョブズ1人の功績ではありませんが、彼なしには今のスタンダードは存在しなかったでしょう。

Windowsをはじめとする、各種製品のほぼ全てが、Appleの生み出したインターフェイスや技術などを参考にして開発されています。

で。

今回この記事で話したいことは、そんな彼の功績を称えることでも、追悼の意を表することでもありません。

僕は彼を敬愛していますが、人はそのうち死ぬ運命にありますから、悲しんだり、後悔したり、あーだこーだ言うのは、どーでもいいことだと思っています。

問題なのは、「これから僕らが何をするのか?」ということ。

別に僕はジョブズと交流があったわけでも、彼のことを深く知っているわけでもありません。

ぶっちゃけ、何も知りません。

僕は本を読まないですから、彼に関する著書を読むことも、インタビュー記事を読むこともありません。知っていることと言えば、「行動」と「結果」ぐらいのものです。

しかし、偉人というものは、すべからく、行動と結果で僕らに進むべき方向や教訓を与えてくれるものです。

僕は彼の生み出したものから、多くのことを学びました。

Apple製品を使えば、ジョブズを含む、「彼ら」の意思が良く伝わってきます。例え、生みの親が死のうとも、生み出された文化は継承され、どこかで、生き続けることになります。

僕らが日常的に、無機物・有機物に問わず、「生み出す」という言葉を用いる理由は、もしかすると、生み出したものは、継承され、未来に残るということを無意識的に知っているからかもしれません。

そう。

親が子を生み、子が親になり、また…という、生物としての進化の営みと同じことが、無機物であろうと、継承する人間がいる限り、永遠に繰り返される。

例えば、100年後、漫画界に「手塚治虫」や「鳥山明」や「尾田栄一郎」や「井上雄彦」の生み出してきた流れが失われることがないように、恐らく、ジョブズの生み出してきたものも、100年や200年では失われないでしょう。

創造的破壊とは、新しい文化を生み出すことである

と、僕らが言い始めて、半年ほどの時間がたちましたが、僕らはこの半年で、この言葉の本当の意味を理解しました。文化とは、ただ単に「常識」として広く認知されることだけではなく、そこからさらに、何らかの形で発展していくものであるということ。

亜流でも、なんでもいい。

とにかく、未来へ続く道が出来ることが、文化造りなんだと思います。

真似されるようになれ!

僕の古くからの友人である、未来作家の吉田傑さんはこんな風に表現していますが、まさに。

真似するのではなく、真似されるようになって、はじめて、「何かを生み出した」と言えるのです。ジョブズのような偉大な功績をこの世に残すことは出来ないかもしれない。

でもね、だからと言って、

「俺には出来ないよ」

と、最初から諦めてしまう事は、「逃げ」でしかないと思います。

「俺なんて」と、自分の可能性から逃げて、自分で何かを生み出すことを諦め、誰かのテンプレートに、無理に自分をはめ込むことは、ダサいと思うのです。

もちろん、過去から学ぶことは多いですし、テンプレートやノウハウを学ばないと、基準が出来ないので、新しいものを生み出すことも出来ませんが、でも、結局は、自分のやりたいようにやらなければならないのです。

「お前らは、俺の生み出した未来に従って生きろ!」

例えば、ジョブズはこんなことを言うでしょうか?

手塚治虫がこんなことを言うでしょうか?

違うのです。

彼らが本当に伝えたいことは、

「最高の人生(ストーリー)を描きたいなら、誰かではなく、自らが未来の紡ぎ手にならなければならないんだよ。ほら、僕らのように…」

ということ。

偉人と呼ばれる歴史上の彼らは、僕らにその生き様を通して、「価値のある人生の送り方」を教えてくれています。大きなことでも、小さなことでも、何でもいいから、自分で未来を紡いでいくこと。

世の中に流されたり、誰かのテンプレートに無理にはまろうとしたりせず、自分の人生を生きろと、強く背中を押してくれている。もちろん、自分の人生を生きるなんて、言葉にするほど簡単ではありません。

基本、茨の道です。平坦に均された道路ではなく、前人未到の道かもしれません。

でも、だからこそ意味があると思うのです。

・・・・

また話は変わりますが、「猿の惑星」という映画があります。僕は、好きな映画を10本あげろと言われれば、間違いなくこの映画を入れますが、最近新しく、「創世記」という作品が公開されました。

まだ観てはいませんが、CMを見て、

「人類とその他の生物の進化のスピードが違うのは何故だろう?」

と、ふと考えるようになりました。

例えば、生物としての歴史で言えば、ゴキブリやトンボの方が人類よりも遥かに古いわけで、普通に考えれば、高度な知能を持っていてもおかしくはありません。

なのに、何故?

真相はわかりませんが、僕は1つの要因として、「好奇心」というものがあると思うのです。

人間には、強烈な好奇心がある。

例えば、「死」に対して、強い興味を示す生き物が他にいるでしょうか?

バンジージャンプ、スカイダイビングなどで、スリルを味わったりするのは、人間だけだと思うのです。

生物的に見れば「バカ」です(苦笑)

無意味なことに価値を感じている。

でも、だからこそ、急激に進化してきたのだと思います。

火を使うようになり、道具を開発し、未開の地を切り開くようになり、空を飛び、果ては宇宙まで出て行こうとする。好奇心こそが、人間に無限の可能性をもたらしているのだと思います。

まあ、諸刃の剣であることは間違いないですが、ジョブズのような、偉人たちは、好奇心が人一倍強かったのだと思います。

抑え切れない好奇心。

普通は、子供のころに親や大人に怒られて、自制心を身につけ、無意識的に押さえつけるものですが、彼らは、抑え切れないほどの好奇心を持っていた。

じゃあ。

「人よりも大きな好奇心がなければダメなのか?」

僕は違うと思います。

インターネットや、デジタル技術の発達は、「好奇心の世界」を僕らに拓いてくれたと言えます。

要するに、子供の世界です。

なんでもあり。

想像したことが、価値になり、現実になる。

デジタルとアナログでは、世界のルール(秩序)がそもそも違うのです。だから、別に強い好奇心なんて必要ありません。

だって、自制する必要すらないのだから(笑)

開放すればいい。

バカだ、アホだ、夢を見るな、現実的じゃない、お前には無理だ、なんてことを言うアナログな奴らは、ぶっ殺して(黙殺)しまえばいい(笑)

所詮奴らはアナログに支配された、社会的に見れば、真面目で、賢い奴らです。

デジタルの世界では何の価値もない。

そう。

ここ、デジタルの世界では、「バカ」が強いのです。ジョブズだって、散々批判され、コケにされてきた。それでも自分を曲げずに、やりたいようにやってきた結果、それは偉大な功績となったわけです。

まあ、ただの変人として一生を終える可能性も無きにしも非ずですが(苦笑)

マーケティングやコピーライティングをたしなんでいれば、意識的に、世界に理解されるように持って行くことは可能です。

とにかく、

「好き勝手に」

これが全てです。

自分の好奇心を開放して、コンプレックスや性癖や、過去を全て飲み込んで、何かを生み出すこと。そしてそれを、大声で叫び続けること。そうすれば、その声を聞いて、共感した仲間たちが集まります。これが、デジタルなビジネスの本質です。

僕はジョブズの生き様、生み出してきたもの、それらを見て「これでいいのだ」と、バカボンのパパの声が聞こえてきました(笑)

そう。

「これでいい」のです。

誰かの人生を生きるのではなく、自分の人生を生きること。

それが出来ていれば、それでいい。

そこに、本当に情熱と愛を感じているなら、後は勝ってに僕らの本来の才能は開花していくものです。

「俺には才能がない」

こんなことを言う人がいますが、才能なんて、何に命をかけてきたかで決まるものだと思います。生まれつき、IQが高いとか、身体能力が優れているとか、そんなことは、些細な問題です。

いくら能力があろうと、それを生かす場所を理解していなければ宝の持ち腐れです。

僕らにだって、僕らの才能を生かす場所がある。

場所が見つかれば、才能は開花され、独創的な未来を紡ぐことができるようになります。

で。

その「場所」は、自分で作ることだって出来るのです。僕は僕の居場所を自分で作ってきました。

探して無いなら、作ってしまえばいい。

何度でも言いますが、「なんでもあり」そして、「これでいいのだ」です(笑)

僕は漫画や映画から多くのことを学んできたといつも言っていますが、まさに、漫画や映画は、デジタルの世界で僕は、それが全てだと本気で思っている「子供」なのです。

漫画や映画に出てくるヒーローのように生きられる、と。

超人的な能力やテクノロジーは無くても、彼らのように生きることは出来る。

  • 桜木花道のように一途で
  • 坊屋春道のようにカッコよく
  • 孫悟空のようにしつこく
  • ゴン・フリークスのように純粋で
  • アムロ・レイのようにやさしく
  • シャア・アズナブルのようにリアリストで
  • モンキー・D・ルフィのように自由で
  • …etc

ジョブズも、架空の存在である主人公たちも、全部、僕にとっては同じで、

「僕の心の中に存在する、僕の一部」

なのです。

まあ、かといって、彼らのように生きることは難しいですが、でも、心の中には確かに存在していて、時には僕を導いてくれる。彼らは僕らに自らの生き様をもって「参考資料」を与えてくれています。

そんな参考資料を見ながら、自分の好きなようにミックスしてまた新たな生き様を誰かに見せること。

これが、僕らの役割だと思います。

彼らや誰かを敬愛するなら、余計に、「屍は乗り越えろ」です(笑)

次は僕らの番。というか、すでに僕らのターンです。

いや、生まれてから死ぬまで、ずっと僕らのターンです(笑)

さてさて。

なんだか、思うが侭に書いていたら長くなりましたが、ジョブズはこの世を去り、そして、そのうち僕らも死にます。

それは明日かもしれない。

この「デジタルの世界」には、自制も抑制も、何もありません。あるのはただ、僕ら1人1人の倫理観や世界観。

生き様です。

なんでもありのこの世界で、自分の思い描く未来を紡ぐこと。僕らは可能性の塊であり、才能の塊であり、未来そのものである。このことを信じるなら、僕らは自らで未来を紡ぐ使命があると頑なに信じて生きるべきだと思います。

信じられないなら、もっとこの世界を放浪するといいでしょう。

「信じるものは救われる」

という時代は終わり、

「信じるものは使命を持つ」

という時代になったのかもしれません。

僕らは「創造的破壊プロジェクト」という形で、そんな、未来の紡ぎ手を支援する活動をしています。ピンとこない人もいると思いますが、そんな時は、1度旅に出てみることです。

ここ以外の、ネットの世界や、他の世界を見て回る。それで、創造的破壊と言う言葉に価値を感じることがあればまた戻ってきてくれればいい。

この活動はあと1年ぐらいしか出来ないかもしれないけど、「創造的破壊」という言葉さえ忘れていなければ、何かに気がつけるはずです。

ではでは。

ジョブズの話はこれでお終い。

最後に、創造的破壊クラブの第0期生である、古泉さんが提供してくれた、ジョブズの言葉集から、僕が特に好きになった言葉を載せておきます。(古泉さん、勝手に使わせてもらいます 苦笑)

「人生では時折、レンガで頭を殴られるようなこともあります。それでも自信を失わないことです。私が前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたからです。自分が愛せるものを見つけなくてはいけません。これは、恋愛と同様、仕事についても当てはあることです。自分がすばらしい仕事だと考えることをやるのが、ほんとうに満足する唯一の方法なのです。まだそれを見つけていないなら、探し続けましょう」(スティーブ・ジョブズ)

ホリエモンが近畿大学の卒業式で語ったこれからの日本社会の現実

首から下が動かない車椅子に乗った17歳の少年が1億円を稼げた秘密

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング