ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

元手10万円から始める不労所得の作り方

不労所得を作るにはいくつかの方法があるが、少ない資本からでも始められ、ゆくゆくは大きく育つ可能性があるのは、FX(外国為替証拠金取引)がベストだ。

FXは10万円から、不労所得をつくり始めることができる

FX(外国為替証拠金取引)は、小資本から始められるとても手堅い資産運用になる。世間一般ではFXは危険だとか、いろいろネガティブなことが言われている部分もあるが、危険なのはFXではない。FXの一番の特徴はレバレッジである。

2014年現在、日本国内では最大25倍のレバレッジを使うことができる。FXで損をしたとか、資産を失ったという者が後を絶たないが、それらは単に無知が原因であって、FXそのものが原因ではない。FXを成功させるためには、資金管理とレバレッジコントロールがモノを言う。これができない人間は、そうそうに市場から撤退することになる。

あなたが不労所得を得たいと思っているなら、まずは10万円を元手にFXを始めてみることを薦める。おそらくその10万円はなくなることになるだろうが、これは利益を目的とした元手ではない。あなた自身がレバレッジの使い方を学ぶための授業料だ。

FXはレバレッジこそが成功の鍵であり、レバレッジを身につけるための最適な教材

レバレッジのコントロールというのは、慣れるまで非常に難しい。これは自分の身銭を切って学ぶことが一番の近道になる。時々、バーチャル取引でもいいのではないかという人がいるが、バーチャルと本物の実際の取引では実体験が全く異なる。一番効率良くレバレッジを身につけるためには、自分の身銭をきって学ぶことが何よりの財産になる。そして、この10万円でレバレッジのコントロール方法がわかったら、次はいよいよ資産を増やすために本格的に投資を始めるのが得策だ。

FX会社は、自分にとってわかりやすいものを選ぶのが得策

FX会社は日本国内にたくさんあるので、自分が好きなものを選べばいい。FXは口座を開設し入金をすれば、すぐに取引を始められる。但し、FX業者はピンからキリまであり、良質な業者もいれば業界内ではあまり評判の良くない業者もいる。そのあたりは業者を選ぶ際は気をつけて選んで欲しい。

業者選びがなかなか決められないというときは、DMM FXは国内で最も手数料が安くすみ、煩わしい手続きがいらずたった数日で口座が持てる。口座開設の申込みも驚くほど簡単にできるので、DMMFXの口座は持っておくと、後々まで役立つだろう。

国際金融市場というマーケットで生き抜くためには「習うより慣れろ」という心構えで経験を積んでいくことが、不労所得を得る近道になる。あなたの身の回りに不労所得を得るタネは既にばら撒かれている

このサイトでは何度も話しているが、不労所得を手に入れられる人間とそうでない人間の違いは、何気ない日常の身の回りにある価値に気づけたかどうかだ。

このサイトを見ている時点で、あなたは既に成功の鍵を手に入れている。大事なことはそれに気づけるかどうかなんだ。

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング