ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

Youtubeのゲーム実況で広告収入4億円を稼げる本当の理由

Youtubeでゲーム実況をして広告収入4億円だってさ。

http://on.wsj.com/1lBayB9

このニュースを見て、多くの人はこう思うだろう。

  • 「おお、Youtubeってすげー、そんなに儲かるのか。ゲーム実況ぐらいなら俺にも出来そうだからやってみようかな。」
  • 「ゲームして楽して儲けやがって、ムカつく。」
  • 「時代の流れに乗れただけで、すぐ飽きられて没落するだろう。」
  • 「Youtubeはチャンスです!今すぐあなたもブームに乗りましょう!Youtubeで稼ぐ方法はこちら→」

ってな感じで。

Youtubeのゲーム実況で4億円が稼げる本質

でも、本質は全然違うところにある。注目すべきなのは「Youtube」でも、「4億円」でも、「時代の流れ」でもない。だってこの人は何も“新しいこと”なんてやってないから。新しい時代だとか、騒ぎ立てる必要も無ければ、ニュースで取り上げるほどのことでもない。

要するに、昔の「カリスマ高校生」とか、「カリスマモデル」とかと同じ。もっと古く言えば、ファミコン世代のカリスマ「高橋名人」と同じなわけで(笑)何をやったのか?と言うと、「ある属性の人々のアイコンになり、代弁者となった」ってだけ。目立って、共感された、と。

影響力が源であり、それがお金に変わっているだけ

んで、そうなれば必然的に「影響力」が生まれて、それが「広告費」という形でお金に変わっただけで、共感や興味を強く抱かせることさえ出来れば、新しいゲームの広告塔になったり、アプリの広告塔になったりで、もしかするともっと大金を稼ぐことが出来るようになるかもしれない。

ある属性のアイコンになり、代弁者となる」ってことは、大企業も無視出来ないぐらいの影響力を生むわけで、インターネットが登場してからは尚更、その影響力は大きくなっている。僕の言葉で言えば「小さなコミュニティのリーダーになる」ってこと。

だから、このニュースを見て、「Youtubeは儲かる」とか言ってる奴はただのバカで、そーゆーことじゃない。

「影響力があるところに金も集まる」 ってこと。どんな世界でもこれは同じ。表面的なやり方は違っても、やってることは同じ。

だから、「如何に影響力を持つか?」ってことが最大の命題なわけで、僕はずっと「自分の影響力を高める方法」を考えてるし、実験してるし、教えてる。影響力さえ持ってしまえば、ビジネスは当たり前のように成功する。もちろん、「相応しいビジネスであること」が条件だから、ゴミを売っても売れるってわけじゃないけど。

極論、影響力があれば、政治家やヤクザなんかがそうであるように、ゴミを目が飛び出るような値段で売ることも出来てしまう。「鶴の一声」で、全部変えられるから(苦笑)世の中はそーゆー風に出来ている。

自分を裏切ったとき、力は失われる

だからむしろ、「現実世界の影響力を持つ人間」よりも、「ネットで影響力を持つ人間」のほうが、良い人が多い(笑)まあ、現実に比べればってことだけど。影響力は魔力だから、魔が差すし、それを自制出来るかどうかが、ネットの世界では意外と重要になってくる。

だって、ネットの影響力は「権利」や「役職」ではなくて、純粋な「メッセージ」だから。メッセージは担保されてないわけ。保証も無いわけ。自分で貫くしかない。自分が裏切った時、そのメッセージは無効になるから、影響力も同時に失われてしまう。

影響力は武器になる

影響力は武器になるけど、諸刃の剣だってことを肝に命じておこう。そして、「自分の影響力を高める方法」を学びたい人は、ぜひこのたった一人でもYoutubeのゲーム実況で月10万以上稼げる秘密を読んでみてください。

自分だけの価値の創り方

70億分の1の生き方

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング