ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

なぜ、100人のサラリーマンが起業すると90人の起業は失敗するのか?

経営者、起業経験者への統計によると、10年単位では起業の成功率は10%未満だと言われています。

もし、あなたがこれから起業するとしてまず最初にどんなことを決めますか?

この質問をすると、多くの人が

何を売るか

あるいは、

何で起業するか

と答えます。しかし、、、

実はこれ、ほとんどの人が起業しても失敗してしまう最も大きな原因のひとつだとあなたは知っていましたか?

というのも、、、

どんなにいい商品でも、どんなに優れたスキルを持っていても、売れるかどうか分からないからです。

日本には何百万もの会社があってそれらの会社が何十個、何百個、何千個もの商品を売っています。それらの多くは、決して粗悪な商品ではありません。どちらかと言うと、いい商品の方が多いでしょう。

しかし、一部を除く多くの会社は、商品が売れずに、お客さんに来てもらえずに悩んでいます。

つまり、、、

いい商品かどうかということとその商品が売れるかどうかは別物だということです。

なので、もしあなたがこれから起業や独立を考えているなら「どんな商品を売るか」とか「何屋さんで起業するか」とかを最初に決めてはいけないのです。その商品が売れるかどうか分からないし一瞬売れたとしてもそれが継続するかどうかも分かりません。

では、起業するにあたって最初にやるべきこととは何か?

ビジネスを始める前、サラリーマンのうちに起業や副業で失敗するリスクを極めて低くおさえるコツを学んでおいて下さい。これがわかっていれば、大多数のサラリーマン起業家がする愚かな間違いをすることはありませんから。

お金持ちになりたければ、現代の奴隷サラリーマンから抜け出しなさい

首から下が動かない車椅子に乗った17歳の少年が1億円を稼げた秘密

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング