ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

あまり知られていないiPhoneやMacを生み出すAppleJapanの障害者採用について

一般にはあまり知られていないが、iPhoneやMacを生み出しているAppleの日本支社、Apple Japanは障害者採用を積極的に行っている。

以下、求人募集情報を引用する。

Appleの障害者向け求人情報

障がい者採用 - Diversity Program
Job Number: 33045892Tokyo, Tokyo-to, JapanPosted: 2014年6月12日Weekly Hours: 37.50

Job Summary
想像してみてください。あなたがここで何ができるかを。
Appleでは、素晴らしいアイデアが、驚くほどのスピードで素晴らしい製品やサービス、素晴らしいお客様の体験に変わり続けています。Appleにいるほかのすべての人同様、情熱と努力を仕事にこめれば、あなたに達成できないことはないはずです。 Apple Japanは障がい者採用を積極的に行っております。

**契約社員での採用になりますが、社員登用の可能性あり**

Key Qualifications
 ・社会人経験のある方(3年以上)
 ・基本的なコンピュータースキル(Word, Excel, メール)
 ・前向きに業務に取り組む事ができる方
 ・周りとの協力体制を築き、お客様へ最高のサービスを提供する能力
 ・環境や状況に応じて柔軟に対応する能力
 ・自ら目標を設定し達成する能力
 ・中級レベル以上の英語力

Description
ご希望やご経験を考慮の上、あなたに適した業務をお任せします。 具体的な仕事内容は面談などを通じてみなさんのご希望をお伺いし、 経験、適性などを考慮した上でポジションのマッチングを行います。

まずは「自分が何ができるか、何がしたいのか」をお伝え下さい。

Additional Requirements

**障がい者向けの求人のため、障害者手帳をお持ちの方**

「自分が何ができるか、何がしたいのか」をお伝え下さい。と明確に書かれている。あれができない、これができないではなく、「あなたは何ができるのか?」を問われている。

この質問は起業や自分でビジネスをするにしても必ず役立つ。私はサラリーマンになることを勧めないが、Appleでやりたいことがあるならば応募してみるのも良いと思う。きっと良い経験になるだろう。

そして、雇われるにせよ自分でビジネスをするにせよ、「自分が何ができて、何がしたいのか?」を他者に説明できることはあなたにとって大きな力になるだろう。

ぜひ、「あなただからできること」を見つけて欲しい。

顔面が血だらけです(苦笑)

首から下が動かない車椅子に乗った17歳の少年が1億円を稼げた秘密

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング