ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

変態コピーライター・木坂健宣からの手紙

どうも、木坂です。

もし、あなたが僕たちを信じてついてきてくれたら、あなたが望む時に、望む金額が手に入る生活というものがどんなものなのか、どうやってそれを最短最速で実現するのか、1から10まで全て教えてあげることが出来ます。

具体的には、メール1通出すだけで1000万円稼げてしまう、そんな夢のような方法を教えることが出来ます(もちろん現実ですが)。

僕は、僕が、そして僕のクライアントが実際にやってみて、今現在キャッシュを生み出していることしか語りません(大昔にうまくいっただけ、みたいなことは価値がないので話しません)。

和佐君も、そーゆー人間です。

だから、あなたは僕らが語ることをそのままやるだけで、僕らと同じ生活が、自由が、手に入るのです。

なぜそんな大それた、非現実的とも思える約束が出来るのか?

簡単なことです。

既に僕らには実績が、それも金額に直せば9億円以上にも上る実績があるからです。

僕らがやって成功しただけだったら、僕らの能力の問題かもしれない。

だけど、僕らがここで語る手法というのは、あらゆる業界の、あらゆるタイプの人が実践して結果を出したもの。

ネットビジネスで言えば、お金儲け、投資、ゴルフ、恋愛、ダイエット、メルマガアフィリ、英語、美容・・・あらゆるジャンルで成功事例(月商100万程度から2000万超えまで)が生まれています。

僕は加えてオフラインでもコンサルをやっていますが、整体、ジャム販売、クルマ用品販売、コンサルティングファームの営業、手編みのニット販売などなど、それこそほぼ全てのタイプの業界で結果を出していると言って過言ではないと思います。

そういった、

本当に、誰が、どの業界でやっても確実にキャッシュを生み出せる

話しかしていないのです。

いろんな業界の荒波を生き抜いてきた、その辺の「自称マーケッター」とか「自称コンサルタント」がなんかぐちゃぐちゃ言っている「ノウハウ」などとやらでは全くない、生きた「叡智」なんですね。

僕と和佐君がこの手の商材を出すのは最初で最後だと思います。僕たちを信じてくれたなら、あなたの人生を激変させてみせますよ。

木坂健宣

”具体的に"どうやって稼いだらいいのかわからないんです…

こうして、ネットビジネス大百科が生まれた

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング