ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

あなたは、何が書かれているかわからない本を本屋さんで買いますか?

「あなたは、何が書かれているかわからない本を本屋さんで買いますか?」

商品の中身がわからないのにお金を払うなんて、福袋以外ではありませんよね、普通(今では福袋すら中身が見えるようになっているようですし・・・)。

本を買うときは、絶対立ち読みをするはずです。

全部は読まないでしょうが、「はじめに」とか「終わりに」とか「目次」とかを見て、中身をパラパラ見てからレジに持っていくかどうかを決めると思います。

ですから、今からこの商材がどんなものなのか、そして含まれる内容はどんなものなのか、を、一部ですがお教えいたします(多すぎて全部を書くとタウンページ並みの量になってしまうので、一部のみの紹介になってしまいます・・・)。

Module1:爆発的に売れるものを2時間以内に見つけ、48時間で商品を完成させる

このパートは、私が担当しています。

実は先日、非公式に少人数限定で「商品作りセミナー」を開いたのですが、その模様を余すところなく録音してきました。参加してくれた方は全く売るものを持っていない状態でスタートです。

その場でパソコンを使いリサーチしてもらい、私とのやり取りを通して何を売るか決めてもらいました。全くのゼロからその人にぴったりマッチした売れる商品が見つかるまで数時間。

私以外には語ることが出来ないであろう、

  • 確実に売れる商品の基準とそのリサーチの仕方
  • 競合の調べ方
  • 何か困難にぶつかった時の解決の仕方
  • その他細かいやり取りの全て

を録音しています。つまり、あなたはそのプロセスの一部始終を何度でも聞くことが、そして真似することができるということです。

何度でも止めてください。

何度でも聞きなおしてください。

何度でもメモを取ってください。

あなたは、この音声を聞くことで、まるで参加者として会場にいて、私から直接アドバイスを受けているかのような感覚に陥ることでしょう。そして数時間後には、毎月あなたに大金をもたらせてくれる商品アイディアが少なくとも3つ、あなたの手元に残されるのです。

以下、この音声で私が語っている内容の一部になります・・・

  1. 売れる商品を作るためにはずしてはいけない3つのステップとは?
  2. 商品を実際に作る前に半分以上は結果が決まっています・・・売れる商品を見つける前の下準備段階でこれだけは答えておかなくてはいけない、10の質問とは?
  3. 自分には情報商材にするネタもなければ得意なこともない・・・そんな絶望的な状況を打開する方法とは?
  4. 人の悩みを解決するものが最も簡単にお金をもらえるのですが、売れるテーマと確信するために満たしていなくてはならない7つの要素とは?
  5. ホットマーケットと言える市場を見つける、ある意外な判断基準とは?(これはネットを使わずにあるものを使って判断するのですが、キーワードアドバイスツールなどよりもはるかに正確に判断できます)
  6. この基準を明らかにした人は日本はもちろん、世界でもいないと思います・・・とにかくネットで売りやすいテーマが満たす4つの要素とは?
  7. 「利益が最大化する業界」という夢のような業界があるのですが、その業界が満たしている2つ要素とは?
  8. ライバルを“気づかれないように”うまく利用して自分の儲けを爆発させる方法とは?(厳密には販売戦略の話なのですが、非常に重要な視点なので聞き逃さないようにメモをし、こっそり儲けを何倍にもして下さい)
  9. リサーチを“確実に”成功させるための8つのステップとは?
  10. リサーチをする際の検索キーワードの選び方ひとつでリサーチの精度が数倍変わります・・・高精度のリサーチを行い、失敗を極限まで減らすために知っておかなくてはいけないキーワードを選ぶ基準とは?
  11. “ライバルがいない”穴場を狙うとほぼ間違いなく失敗する・・・その理由とは?
  12. 実は、キーワードアドバイスツールをきちんと使いこなしている人はほとんどいません・・・今更聞けないキーワードアドバイスツールの正しい使い方とは?
  13. PPCの入札単価を決める際には絶対に見なくてはいけないある数字とは?(この数字を見ないで入札単価を決めてしまうと、最悪赤字になってしまいます・・・)
  14. ライバルのサイトを調査する際に、必ず紙にメモしておかなくてはいけない4つの調査ポイントとは?
  15. インフォトップやインフォカートなどのASPで調査するべきポイントは実は多くありません・・・そんな中、必ず調べなくていけないポイントとは?
  16. 人間が抱く悩み・不安・不満などを何百個何千個と調べつくすためにやるべき、マルチディメンジョンリサーチとは?(私は人の悩みをいくらでも挙げることが出来ますし、それゆえに無限にビジネスアイディアが出てくるのですが、それはすべてこの独特なリサーチ法のおかげなのです)
  17. たとえアフィリエイトをやるつもりがなくてもアフィリエイターになってみなくてはいけないその理由とは?(多分有名な人は誰も調べてないと思いますが、アフィリエイター登録をしてみてはじめてわかる、ある“超”重要な調査項目があるのです・・・)
  18. これが決まらないと何も出来ません・・・一体何のためにリサーチをするのか、その本当の目的とは?
  19. 実は、ミクシィを使ってあなたのアイディアを形にしてくれる専門家がいとも簡単に見つけられるのですが・・・その方法とは?(オールアバウトというサイトを使うのもいいのですが、ミクシィは誰もこの目的で利用しないために相当穴場です・・・)
  20. 専門家にコンタクトを取ってパートナーシップを結ぶ際に、断られる確率をなるべく下げるあるテクニックとは?(さすがに100パーセント受けてもらうとか、そんなことは不可能ですが、やらないよりはだいぶ受けてもらえるようになります)
  21. このことに無知だったばかりにあなたの利益が半分以下になってしまうかもしれません・・・パートナーシップを結ぶ際に絶対に気をつけなくてはいけないあるポイントとは?
  22. 最後の一押し・・・協力を渋る専門家にも協力させてしまう、強力な一言とは?
  23. 商品を売っていながらそれが赤字になっていても構わないケースとは?(全ては戦略次第なのです)

質疑応答の時間もたくさん取りましたので、この他にも実際に作業している人(あなたよりも初心者かもしれません)がぶつかる疑問、抱く質問にリアルタイムで答えています。

合計3時間16分57秒。

余計なことは何一つ話していません。

リサーチの方法からテーマ選び、パートナーシップの結び方に至るまで、全てをお話しています(このテーマでここまで詳しく解説したものは後にも先にもこれだけでしょう)。聞きながら参加者と同じ作業をしてくれるだけで、あなたの銀行残高を激増させてくれる商品が見つかることを保証します。

Module2:読んだ人がお金を払わずには夜も眠れなくなってしまう強烈なセールスレターを一週間で書き上げる

このパートは、全面的に木坂さんが担当しています。

「売れるセールスレター」というものは、一般的に200アクセスに1件の販売、つまり成約率0.5パーセント程度が基準であるとされています。

もちろん条件にもよるのですが、木坂さんの場合、29800円の商品で成約率32パーセント、14800円の商品で成約率58パーセント、9800円の商品で成約率76パーセントという、ちょっと信じられないような数字を記録しています。

中でも私が最も驚いたのは、わずか36ページのレポートを13000円で販売し、成約率が42パーセントだったというものです。

今ネットで儲けている「らしい」人たちの話を聞いてみてください。

みなさんあれだけ騒いで、煽って、1パーセントもいかないんですよ、成約率。

私も10パーセント程度であれば出したことがあるのですが、50パーセントとか70パーセントとかになると、ちょっと次元が違う世界だと言わざるを得ません。

そして、この圧倒的なコピーライティング力こそ、他のニセモノたちとは一線を画す木坂さんの圧倒的な稼ぎと自由な時間を生み出している源泉なのです(この音声の中でも解説されていますが、コピーライティング力があればあるほど、同じ金額を稼ぐのに必要な労働時間はあなたが考えている以上に激減していきます)。

私自身かねてよりその圧倒的な数字の秘訣を知りたかったのですが・・・。

今回木坂さんから送られてきたこの音声を聞いて、正直自分の鼓動が速くなっていくのが手に取るようにわかりました。

  • こんな普通じゃない方法でセールスレターを書いていたなんて・・・。
  • こんな普通じゃ思いつかないようなテクニックを使っていたなんて・・・。
  • こんな当たり前の方法で簡単に読み手の心理を丸裸にしていたなんて・・・。
  • こんな簡単な方法で購入ボタンを押させていたなんて・・・。

驚きました。

やはり彼は変態です。どれだけ変態か、是非聞いてみてください。

そして是非、1ヶ月720時間のうち、たった1時間の労働で1000万円稼げる世界というものを数ヵ月後に体験してください。

残りの719時間、あなたは寝ようが旅行に行こうが家族と過ごそうが食べ歩きの旅に出ようが豪華なホームシアターセットを買って映画を堪能しようが別荘を買ってそこで過ごそうが車やクルーザーをコレクションしようが、自由なのです。

それだけ自由なライフスタイルというものを、この講義はあなたに約束してくれます。

私が言うのもなんなのですが、こんな内容、二度としゃべってくれないと思います(木坂さんは本来、面倒くさいことが大嫌いなのです)。

二度と聞けないであろう内容の一部は、こんな感じになっています・・・(この音声を聞いて少し興奮しているので、日本語が少しおかしくなってしまうかもしれませんがご了承ください・・・)

  1. 20ページ、50ページ、100ページ・・・たとえどんなに長いセールスレターでも、推理小説を読むかのごとく最後の一文字まで没頭させ、気づいたら申し込みボタンを押している・・・そのために必要なたったひとつのテクニックとは?
  2. 毎日使い切れないほどのお金を稼ぐために最も必要とされるスキルとは?(この話を聞いて、「裏技」みたいなものがいかに稼げないか、いい加減気づいてください・・・)
  3. 誰にも気づかれずに売り上げを3倍にし、同時に返品率を5分の1以下にする悪魔のテクニック・・・あなたはセールスレターである2つのことをするだけなのですが、その方法とは?(注意:決してグレーな裏技的方法ではありませんので、そのようなものは期待しないでくださいね)
  4. あなたと見込み客の間に“一瞬で”信頼関係を作り、あなたからだけ商品を買いたいと思わせる方法とは?(この方法を使うことで、ライバルのお客も全て横取りしてくることができるようになります)
  5. どうしたら“今すぐ”申し込みボタンを押させることが出来るのか?(「押させる」という表現は適切ではないかもしれません。正確には、「押さずにはいられなくさせる」方法です・・・)
  6. どんなに苦労して書いても読まれなければ意味がない・・・あなたが書いたセールスレターを確実に読ませる(そして買う気にさせる)強力な“フック”を見つける方法とは?(「フック」というのは木坂さんがよく使う言葉ですが、この言葉の意味がわかって初めて強力なヘッドコピーを書くことができるようになります)
  7. もう二度とセールスレターに頭を悩ませることはなくなります・・・あなたがセールスレターを書けない3つの“真の”理由とその驚くほど簡単な解決策とは?
  8. 日本No.1弁護士が明かす、敵対している人間ですらあなたの意見に賛同させ、YESと言わせてしまう方法とは?
  9. 18時間で1億2000万円以上売ったコピーライターが発見した、世界で最も反応率が取れるセールスレターのパターン「QUESTフォーミュラ」とは?(PASONAやAIDMAなど様々な「売れるレターのパターン」と言われているものがありますが、それらは全て今日限りきれいさっぱり忘れ去ってくれて大丈夫です)
  10. 木坂さんが人知れず実践している、見込み客の心を丸裸にしてしまうあるひとつの方法とは?(見込み客の“心の隙間”が丸見えになれば、何かを売るなんてあまりに簡単ですよね・・・)
  11. 木坂さんが何時間悩んでも次に何を書くかアイディアが出ない時、必ずしているあることとは?(これは脳の構造上、誰がやっても驚くほどアイディアが出てくるようです)
  12. 長いセールスレターと短いセールスレター、どちらの方が効果があるのか?(この話を聞いたときは思わず鳥肌が立ちました・・・それほど明快な答えです)
  13. あなたがどんな手段を使っても超えなくてはいけない、見込み客全員が例外なく持っている3つの心理的ブロックとは?そしてその最も簡単で効果的な超え方とは?(改めて見てみると、売れないレターは、必ずこの壁のどれかを超えられていないんです・・・)
  14. 疑われた時が最大のチャンス・・・そのときの心理を逆手にとってこちらの思いのままに見込み客を誘導していく方法とは?
  15. G・D・Tの法則・・・たった5分の作業であなたの売り上げを自動的に爆発させる、9つのキーファクターとは?
  16. これだけは何が何でも覚えておいてください・・・セールスレター型のサイトで絶対にやってはいけない、売り上げを激減させるあるひとつの致命的ミスとは?(おそらくあなたのサイトも含め、今日本にあるサイトの99%は同じミスを犯しています・・・2分で直せます。これを聞いたらすぐに直してください)
  17. こぼした紅茶を見ていて偶然発見した、こちらの主張を全て信用させてしまう方法とは?(当たり前ですが、悪用厳禁です。本当に、面白いほど信用しますので)
  18. 「コピーライティングはナンパと一緒」木坂さんがそう断言する理由とは?(実は、あんな顔して木坂さんのモテ方は半端ではないのですが、こんなところに秘密があったんですね・・・)
  19. 「星の王子様」で有名なサンテグジュペリ・・・その著作から教えられた究極とも言えるセールス法とは?
  20. 海外の高級レストランのあるウエイターだけがこっそり使っている、あなたの売り上げを爆発させ、なおかつあなたの信者を量産してしまうある心理的トリックとは?(この方法を使って固定客を獲得し、しかも彼らから信じられない金額のチップを受け取っているウエイターは、実は他のウエイターと同じことをしているだけなのですが・・・)
  21. たとえSEXの最中であっても中断してあなたのセールスレターを読んでしまう・・・人間がそれほど普遍的に求めているあるものとは?(これをセールスレターに仕掛けるだけで、たとえどんなものを売っていたとしても売り上げは激増します・・・)
  22. 他人の2割の労力で8割の結果を出す、あなたの成約率を保証する5つの要素とは?(文章を書くのが苦手であればあるほど、時間がなければないほど、この5つの要素にだけ集中するべきです)
  23. あなたのことが大嫌いな人であっても、読み終わった後には心からあなたを応援している・・・そんな文章に必ず含まれているある心理学的な仕掛けとは?
  24. 木坂さんが「これだけは欠かせない」と断言する、セールスレターを書く時間を一気に3分の1以下にするツールとは?(このツールを使うようになって、木坂さんは40ページのセールスレターをたった2日で書き上げられるようになったそうです)
  25. 寝ている間にも勝手にお金を稼いでくれる優秀なセールスレターに共通して見られる、通常見落とされがちな成功要因とは?(木坂さんによれば日本で参考になるレターは5つ程度しかないということですが、それらは全て、この成功要因を満たしていました)
  26. アメリカで総計6000億円以上を売った天才コピーライターが発見した、ほとんど使われていないにも関わらず実は売り上げを激増させる2つの言葉とは?(そのコピーライターはテッドニコラスという人ですが、確かにこの言葉、あまり使われていないです・・・)
  27. 見込み客の方から勝手に財布を開き、「頼むから早く金を払わせてくれ!」と懇願してくる、そんなセールスレターを一晩で書き上げる方法とは?
  28. コピーライティングを捨てる時・・・コピーライティングの重要性をあれほど強調していた木坂さんから衝撃の発言が飛び出しますが、その真意とは?(たった一枚のセールスレターで何億円も稼ぐ“超”一流のコピーライターは、コピーライティングという技術そのものを捨てているらしいのです・・・)

まだまだこんなものではないのですが、書いていくとキリがなくなってしまうのでこのくらいで許してください(詳細は実際に聞いて確かめてください)。

なんと合計4時間46分05秒。

日本、いや、世界でも類を見ない完成度のコピーライティング用教材であると断言できます。

木坂さん自身、個人的にこんな保証をしてくれました。

「これに勝るコピーライティング用の教材が、世界のどこかにあれば教えてください。何語であっても構いませんから。必ずそれを上回るものを作り上げてあなたに無料で差し上げます。」(木坂健宣)

Module3:100万円の売り上げを、コストをほとんどかけずに一気に1000万円に拡大する

このパートは、私と木坂さんの対談になります。

お互いが考える合理的な販売戦略について話し合いました。私が主に質問を投げかけ、木坂さんがそれに答えるという形を取っています。

2人がどうやって“人知れず”大金を稼ぎ続けてきたのか、そしてクライアントにも稼がせてきたのか、その仕掛けの全てを話し合い、この場で出せる限り出し尽くしました。

その内容の一部を紹介すればこんな感じになります・・・

  1. ほとんどの情報起業家が怖くてやっていない、しかしやれば圧倒的にリストの数が増える、非常に簡単なある方法とは?
  2. このポイントをはずしているからみんな奴隷のように働かなくてはならないんです・・・ほとんど働かずに毎月数百万稼ぐために、販売戦略上必ず考慮しなくてはいけない3つのポイントとは?
  3. 数万円の広告費すら出せないほど資金に困っている時に毎月リストを集め、1ヵ月後に200万円を稼ぐ方法とは?
  4. 無料レポートスタンドはもう使えないのですが・・・そのピンチを逆手に捉え、全くネットビジネスに“スレ”ていない超優良なリストを取る広告戦略とは?
  5. リミットを越えてしまうと逆に危険です・・・実際のところ、ネットビジネスから一体いくら稼ぐことが出来るのか?(スタッフを雇わず、あなた一人でビジネスをやっていく場合にいくらまでなら無理なく稼げるのか・・・不思議なことに私と木坂さんの意見は一致しました)
  6. アクセスを直接セールスレターに流している限り、あなたの売り上げは10分の1以下になっています・・・ではどこにアクセスを流すべきなのか?(お金をドブに捨てたければドンドン直接レターに流してればいいのですが・・・)
  7. まぐまぐでアフィリエイトをしている人の99パーセントはもうすぐ消えるかもしれません・・・その理由とは?(別に独自配信に移るとかそういった話では全くないです。もっと、酷い話です・・・)
  8. 他の媒体と同じようにやっていたらIDを削除されてしまう危険性が高いのですが・・・ミクシィなどのSNSにぴったりマッチしたリスト取得法とは?
  9. 私たちが、人が全く思いつかないようなアイディアをいとも簡単に思いつき、全く次元の違う結果を得ていくために共通して実践しているある思考訓練とは?
  10. ここを勘違いしているとどんなに素晴らしいものであっても、全く売れません・・・モノがドンドン売れる・・・つまり読み手が積極的にお金を払いたくなる、そんなメルマガに不可欠な要素とは?
  11. 人間がほしくなる商品が満たしている4つの要素とは?(これら全てを満たすことは正直難しいですが、ひとつでも満たせば確実に売ることが出来ます)
  12. どんなに競合商品が多くても関係ありません・・・あなたがライバルを一気に出し抜き、業界シェアを根こそぎ奪うために必要な3つの要素とは?
  13. 木坂さんがビジネスで圧倒的に成功していくために欠かさずしていた、最も重要だと言い切るあることとは?(こんなことをしている人、まったく見た事ありませんが、だからこその結果なんですね)
  14. まさかここまで話してくれるとは思いませんでした・・・木坂さんが信者を作るために使っている、「卑怯」「非道徳」と言われてもおかしくない方法とは?(決して誰かを騙したりしているわけではないですが、もしかしたら気分を害してしまうかもしれません・・・)
  15. 1日1人に嫌われる・・・これが成功の秘訣だと言う人もいるのですが、その理由とは?(木坂さんが実に明快に説明してくれました)
  16. 正直あまり使わないで欲しいのですが・・・あなたが今そこまで実力がなくても、あたかも業界でトップの実力者であるかのように思わせることが出来る3つの方法とは?
  17. スガシカオから学んだ、1ヶ月に2億円売るために必要な、非常に重要なこととは?
  18. 木坂さんは過去に1日わずか3アクセス、収益はもちろんゼロというブログをほぼ毎日更新していたんですが、その理由と、そこから学んだある重要なこととは?
  19. 無料で出した情報を焼き直すだけで有料の商材として売れて、しかも感謝される・・・その方法とは?
  20. これをはずすと開封すらされなくなります・・・メルマガを出す際に絶対に気をつけなくてはいけないあるポイントとは?
  21. 私と木坂さんは、ともに“あること”をしているときに数千万円クラスのアイディアがでているのですが・・・その“あること”とは?(これは非常に不思議な話だと思いますが、紛れもない事実です・・・)
  22. 木坂さんが明かしてくれた、商品を買いたくても買えないとメールしてきた人に、90パーセント以上の確率で商品を買わせ、しかも泣いて感謝される方法とは?(この人、ちょっと信じられないくらい緻密に戦略を立てているんです・・・)
  23. 期限を切る、個数限定など、ほとんどの人は全く効果的な緊急性の演出ができていません・・・本当に有効な効果的な緊急性の出し方とは?
  24. 販売告知メールでほとんどの人は絶対にやってはいけないことをやっています・・・売り上げを最大化する販売告知メールのポイントとは?
  25. お願いメールを出すことなく、アフィリエイターを大量に、一気に動員して自分の商材をひたすら売ってもらう方法とは?
  26. 日本でこのことを理解しているネット起業家は皆無です・・・木坂さんが限られたクライアントにのみ教えてきた広告の“真に”効果的な打ち方とは?(もしこの方法を知っていれば、同じ広告費で効果は4倍以上になります)
  27. やる気のないアフィリエイターを、一夜にして自分の商品を毎月数百万円売るトップアフィリエイターに変えてしまう方法とは?
  28. 「ニッチを作る」というのは、具体的にどういうことなのか?(実際どうやって「作る」のか、具体例を出して説明してもらいました)
  29. 一般に儲かると思われている資格系ですが、木坂さんは大して儲からないと断言していました・・・その理由とは?(資格系でネットビジネスをやりたい場合、その形態には細心の注意を払う必要があります・・・)
  30. 5000件のリストさえあれば毎月3時間の労働で数百万円稼ぐことが出来ます・・・その方法とは?
  31. 完全に誤解されている「フルマーケティング」ですが、その本当の意味とは?(もちろん、あなたがどうやってやればいいかも話しています

あまりにもしゃべりすぎて(2人とも最後の方は声がかれています・・・)とても書ききれません・・・。

合計3時間16分55秒。

この中で話されたテクニックのひとつでも使えば、あなたの売り上げは一気に数倍から十数倍になることでしょう。

ネットビジネス大百科で学べるものはまだまだあります。長くなってきたので、続きは次回へ。

こうして、ネットビジネス大百科が生まれた

ネットビジネス大百科で学べるもの

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング