ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

最後に伝えたいこと

なんでこんなに安い値段で、しかも1年間の保証がついているのか。

これに関して、お話しておきたいことが3つあります。

まず、1万円は決して安くはないということ。

いいですか、1万円ですよ。 本当に安いと思いますか?

もしそう思うのでしたら、あなたの金銭感覚は狂っていると言えます。

一万円というのは、マクドナルドでバリューセットが20回食べられる金額です。

缶コーヒーが、約100本買える値段です。

タバコが40箱買えるんですよ。

世界には1日1ドル以下で暮らしている人たちが12億人いると言われています(なんと全人口の5分の1、日本の人口の10倍です)。

1万円あれば、その人たち100人が、今日を生きることができます。

100人の命を救えるんですよ、1万円って。

それを、一気に使ってしまうわけですから、決して「安い」ものではないと思うのですが、いかがでしょうか。

もちろん、その1万円を「投資」だと考えるならば、この1万円はあなたが今までの人生で使ってきたどの1万円よりも大きなリターンをもたらす1万円になると思います。

誇張でもなんでもなく、10億円になって返ってくる人もいるでしょう(もしかしたらあなたかもしれませんね)。

現に私と木坂さんは10億円近くの金額をクライアントに稼がせていますから(自分たちの稼ぎを入れたら、余裕で10億なんて超えてしまいます・・・)。

ですから、このように考えるなら1万円なんて「タダ同然」と言えるのかもしれません。

しかし。

ここでお話しているのは、そういった相対的な高い安いではなく、絶対値として、高いのか安いのか、という話です。

200ページの情報商材が29800円で売られている。

数時間の音声とマニュアルが、10万円で売られている。

そんなものを見すぎて、感覚がおかしくなってしまっているのではないでしょうか?

今一度、冷静になってみてください。

1万円札1枚あれば、何が出来ますか?

私たちは他の人たちのように

「ほら、1万円なんてタダみたいなもんだろ?10億円になって返ってくるんだし、俺らのアドバイスを直接聞こうと思ったら、50万くらいみんな払ってるんだぜ?それが今ならたったの1万円。これ以上何を望むって言うんだ?赤字ギリギリだぜ。」

なんて戯言を吐くつもりはありません。

もちろん10億円になる人もいます。

私たちのアドバイスを聞くために50万円払った人も100人以上います(希望者自体は400人近くいました)。

しかしながら、だからと言って1万円はタダ同然、1万円札は単なる紙切れだ、と主張するのはどう考えてもおかしいと思うのです。

もし「なんでこんなに安いのか?」と思ってしまったとしたら、まんまと“クソ”ネット起業家の策略にはまってしまっていると思ったほうがいいです。

1万円を紙切れだと思っているから、大切にしないから、いつまでもお金が稼げないんです(もちろん、今有名な人も含めてですけどね)。

1万円は、貴重ですよ。

私は、1万円は貴重であると思って、あえて1万円という値段を提示しています。

そこには、非常に重い責任が私たちにのしかかっているのです(言うなれば、100人の命に相当する重みです)。

だからこれだけのクオリティ、これだけの量になってしまった。

ただそれだけの話なんです。

次に、あなたにきちんと稼いでほしい、ということがあります。

が、これには条件がつきます。

「もしあなたが、本当にお金をほしいなら」

という条件が。

もしあなたが、お金が欲しくていろいろ情報を買ったのに、塾などにも入ったのに、会員制のサポートにも入ったのに、いまだに思うように稼げていないというのであれば、ちゃんと稼げるんだという経験をしてもらうこと、それが私の望みです。

もしかしたら

「そんなこと言って、結局1万円儲けてるじゃないか、自分たちが儲けたいだけなんだろ?」

って思うかもしれませんが、実は私たちに利益はほとんど入ってきません。

なぜなら、この商材が一件売れるたびに

アフィリエイトコミッション8800円+2ティアコミッション200円+決済手数料880円+トランザクションフィー100円=9980円

が支払われるからです。

私たちの手元に残るのは、一件当たり20円。

それらは全て広告費やサーバー維持費などの経費に消えますから、実質利益ゼロ。

なので、

「私はもう十分に稼ぎました、次はあなたの番です」

とか言っている「だけ」の人たちとは、そんなこと言って実はがっつり儲けている人たちとは、根本的に覚悟が違うのです。

売れば売るほどサポートがしんどくなります。

それでいて、利益はいつまでたってもゼロ行進。

それだけのことをしてまでも、やらなくてはいけないことだと私たちは判断したんです。

世の中では、クソな人がクソなものをクソな値段で売りすぎています。

クソの、クソによる、クソのための情報販売。

そんな現実を本当になんとかしたいんです。

私も木坂さんも、ネットビジネスに出会って人生が変わりました。

お互い変わり者で、友達も少なく、社会にも適さず、ネットに出会っていなかったらどうなっていたかわかりません。

私に至っては、自分の生活費を稼ぐとか、家族の生活費を稼ぐとか、そんなことすら考える資格が奪われています。

手足すらまともに動かないので、一人で生きていくことすら不可能なのですから。

しかし、そんな私でもネットに出会ったからこそ、きちんと自分の力でお金を稼ぐことが出来るようになったし、毎日を楽しく、充実して生きていけているのです。

そんなネットを、私利私欲のためだけに使い、挙句の果てに未来ある人たちを騙し、金をむしりとっていく輩が溢れかえっているというのが、我慢ならないんです。

一方的に「次はあなたの番です」とは言いません。

しかしもし、あなたも「ネットで稼げるんだ、時間的にも経済的にも自由になれるんだ」という経験がしたいというのであれば、将来にわたって幸せで、充実した「あなたの」人生を謳歌したいというのであれば、私たちのこの教材は日本で、いや、世界水準で判断しても、トップのクオリティだと断言できます(木坂さんは世界中から毎年1000万円以上情報商材買い集めて、そのクオリティを判断してますので、「世界トップクラス」というのもあながち大げさな表現ではないと思います)。

ネットで稼ぐことは、非常に簡単です。

そしてなにより、楽しい。

ビジネスの醍醐味が、ダイレクトに、ノーリスクで体験できるのがネットなのです。

そのことを、本当にわかってほしい。

稼げない人が書いた情報を読んでも稼げるはずはないんです。

マーケティングが出来ない人が書いた商材でマーケティングを学ぶことは出来ません。

まともなセールスレターを書けない人が書いたコピーライティングの商材なんか読んで勉強していたら、完全にバカになります(読まなければ書けるようになっていたかもしれないのに、です・・・)。

逆に、18歳の時に人知れず1億円稼ぎ、それ以降も誰ともつるむことなく稼ぎ続けている私のノウハウと、あらゆる業界でビジネスを作り上げ、オフラインでもビジネスを展開し、コンサルタントのコンサルをもこなす“ビジネス狂”木坂さんのノウハウを合わせれば、稼げないはずはないと思います。

その辺に枯葉剤の如く撒き散らされているクソ商材とはそもそも次元が違うのです(最終的に判断するのはあなたですが)。

その、次元の違う商材を、次元の違う低価格で提供することで、次元の違う保証をつけることで、一人でも多くの人に真実を伝えることができれば・・・一人でも多くの人にお金を稼いでもらえれば・・・。

それが私の偽らざる気持ちです。

最後に、新しい「基準」を作り上げたい、という思いがあります。

それは、一言で言えば、情報商材を価格競争に持ち込みたいということです。

1500円の書籍よりも内容の薄いものが30000円で売られているという現実は、一般的にどう見ても健全ではありません。

従来の基準で行けば、私たちは最高のクオリティのものを、このボリュームで提示したわけですから、それこそ10万円とかで売っても全くおかしくないと思うのです。

しかしながら、私たちがこの商材を使ってやりたいことはただ一つ。

業界の価格競争化。

私たちは、いいものを適正な値段で手に入れる、という前提なくして、この業界が市民権を得る日は来ないと考えています。

本を出版して、ネットビジネスを一般にもっと広めたいとか言ってる人もいるようですが、その人が明らかに法外な値段で商品を売っていたら、一般の人の目にはどう映るでしょうか?

詐欺師が自分の利益のために何やら頑張っているようにしか映らないのではないでしょうか?

実は、先ほども言いましたがこの教材はアフィリエイト手数料を、ギリギリの88%に設定してあります。

それは、ネット上にいるアフィリエイターに、一人でも多くのアフィリエイターに、この教材を広める手伝いをしてもらいたいからです。

この教材がひたすら広まってくれれば、この教材のクオリティが情報商材の新しい「基準」になります。

スタンダードになるのです。

そしてこの価格。

「このクオリティに対してこの価格」というのが、この業界の新たな尺度になるのです。

それが私たちのやりたいことでもあるのです。

だから、もしよければこの商材をドンドンアフィリエイト販売してください。

そして、ゴミ以下の詐欺商材を駆逐していきましょう。

あなたが騙されてきた、環境ホルモンよりも有害な物質を、この世界から抹殺していきましょう。

また、協力していただいたお礼として、ささやかではあるのですが売り上げの88%はあなたのものになるのです。

そのための価格設定です。

あなたに大金を稼がせることは、この教材で私達が引き受けます。

その代わりというわけではないのですが、是非、業界の健全化に力を貸していただければと思います。

これ以上、無意味に被害者を増やしてはいけないと思うのです。

以上3点。 これが、この価格にした理由になります。

さて、人生を激変させる覚悟は出来たでしょうか・・・?

もしかしたらあなたは漠然と「お金持ちになりたい」とか「1000万円手にしたら幸せがやってくる」などと思っているかもしれません。

確かにお金に不自由しなくなれば、今出来なかったことが出来るようになり、あなたは好きなことをして暮らしていくことができるようになります。

しかし同時に、たくさんのものを失うということも覚えておいて下さい。

私は、耳障りのいいことだけを言ってあなたにこの教材を手にしてもらおうなどとは思っていません。

あなたが大金を手にし、自由を手にすると何が起こるか。

それは、

かつてあなたの自由を奪っていたものたちが全て消えうせる

ということです。

それは友人かもしれません。

家族かもしれません。

会社の同僚かもしれません。

それは人によって違うでしょう。

しかし、あなたは完全に自由になるのです。

あなたに必要のないものは、あなたの意志とは関係なく、全て切り捨てられることになります(多分今は実感がわかないでしょうが、これは例外なく起こる事実です)。

もしもそういった過去のしがらみが大事ならば、不自由なまま、ネガティヴな集団の中で一生を終えたいのであれば、この教材は聞かない方がいいと思います。

大金と有り余る時間を手に入れた後、必ず後悔すると思いますから。

しかし、そういったくだらないものを捨てる覚悟が出来た、これからは自分らしく、本当に生きていきたいように生きる決意ができた、大切な人たちと充実した人生を送りたい、と思うのであれば、是非今すぐにこの教材を手に入れ、人生を激変させてください。

あなたの人生を激変させ、本当に自由で幸せな人生の実現のためにお役に立てることを、私達は確信しています。

それだけの時間と労力をこの教材には詰め込みました。

私達が合計で10億円以上のキャッシュを生み出した全てが、この中には入っているのです。

是非、「本物とは何か」を感じていただければと思います。

そしてあなたも、一日も早くお金に困らない生活を手に入れ、自由で充実した人生を歩んでください。

それでは、また教材の中でお会いいたしましょう。

伝えたいことがありすぎて長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました!

和佐大輔

追伸

もしかしたら、あまりの量に圧倒されてしまい、とても自分にはこなすことが出来ないと思うかもしれません。

しかしながら忘れないでください。

これは、「大百科」なのです。

あなたは、百科事典や辞書を、はじめのページから最後のページまで、隅から隅まで一文字逃さず読んだりしますか?

しないですよね。

この教材も同じです。

一度ザーッと聞いてくれてもいいですが、一気に全てを理解しようとするのではなく、全てを実践しようとするのではなく、あなたのステージ合わせて少しずつやっていってほしいのです。

そう、まさに百科事典のように、何か困ったら該当箇所を聞く、書き起こしを読む、などというように。

それを繰り返すことで、あなたが日本語を不自由なく使えるようになったのと同じように、ネットで不自由なく稼ぐことができるようになり、もう二度とお金に困ったりすることはなくなるのです。

追伸2:1年間の全額返金保証のことを忘れないでくださいね。

私達は、手紙の中でも詳しく説明しましたが、この教材をいくら販売してもほぼ利益が見込めません。にもかかわらず、1年間の全額返金保証を設けているのです。

これはつまり、もしも返金の申し出があれば、私達があなたに購入代金をそっくりそのまま“差し上げる”ということを意味します(私達は儲けが出ていないものに対してさらに「返金」するわけですから)。

それほどに自信と覚悟があるのです。

自分の利益だけは確保しておいて、適当な商材を売りさばいている人たちとは一線を画す、自分の教材に対する絶対の自信と覚悟が。

私も木坂さんも、普段ならこう言います。

「迷っているのなら、買わないでください。」

しかし、この教材だけは別です。

「迷っているのなら、とりあえず申し込んで、内容を確認して、少しだけでもいいから試してみてください。」

あなたの大事なお金は、1年後にだって100%そのまま戻ってくるのですから。

ネットビジネス大百科の価格の決め方について

首から下が動かない車椅子に乗った17歳の少年が1億円を稼げた秘密

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング