ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

コンサルタントで起業するためには、何をすればいいのか?

コンサルタントとして成功するためには、何をすればいいのか?

コンサルタントになる。そう決意して、具体的に準備を進めようとしても、、、

  • 自分はどんなコンサルティング分野を選べばいいのだろう?
  • どうやってクライアントを見つければいいのだろう?
  • 料金はいくらにすればいいのだろう?

こういった疑問がたくさん出てきませんか?

ネットを少し検索するだけで、たくさんのコンサルタントを見つけることができます。彼らの中には、もちろんコンサルタントとして成功している人もいるでしょう。世間のイメージどおり、華やかでカッコよく、収入も高い。そんな人達です。

しかし一方で、うまくいっていないコンサルタントも少なくありません。クライアントの都合で契約を打ち切られ、収入が激減してしまう。あるいは、 サラリーマン時代より仕事時間が増えたのに、収入は減ってしまう、というのはよくある話です。

中にはそもそも「競合が強すぎる」「需要がない」などコンサルタントとしての「参入分野を間違えてしまう」という、取り返しの付かない失敗をしている人もいます…

コンサルタントとして『成功する人』と『成功しない人』の違いとは?

それを解説しているのが本書「コンサルタント起業成功法則大全」です。

たとえば、、、

  • 自分に最適なコンサルティング分野を見つける方法
  • 開業するまでにやっておくべきこと
  • クライアントを見つけるための低コスト、もしくはコストのかからない11の手法
  • 料金の決め方。そしてその料金をきっちり徴収する方法などなど

さらに、会社を解雇された人事部長がどうやってコンサルタントとして独立し、利益を上げたのか?コンピューターのハードウェアを専門とする平凡なコンサルタントが、どのように大成功をおさめたのか?などなど18種類の事例も紹介しています。

コンサルタントで起業するなら、 コンサルタント起業成功法則大全 は一度読んでおくことをおすすめします。

ネットビジネス大百科とは

首から下が動かない車椅子に乗った17歳の少年が1億円を稼げた秘密

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング