ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

神様を信じますか?

言わずもがなですが、セミナーや合宿に参加する「理由」なんて、いくらでも付けられるし、逆に参加しない理由だっていくらでも付けられます。

合理的かどうか、なんて理由付けで参加しても基本的にはロクなことにはなりません。

結局は、意味が感じられるかどうか、です。今のあなたが置かれている状況・タイミング・意識の方向で、この合宿に参加する意味を感じられるなら、参加すればいいし、何も感じないなら参加する必要はないです。

理由を考えるのではなく、意味を感じてください。意味っていうのは、他人には説明が不可なものだったりします。

例えばジンクスとか、ルーティーンとか。

右足から先に靴を履く、勝負下着を付ける、打席に立つ前に決まった動作をする、こーゆーものは他人とは共有出来ない、自分だけの意味性です。

一流の人間は理由よりも意味を大事にするので、その意味で、凄く信心深いし、宗教的な観念を持っています。

もちろん、誰かが作った偶像を崇拝するわけではなくて、自分だけの、自分の中にいる「神」を信じているわけですが、それが実際にはもの凄く大きなエネルギーを生みます。

合理的な理由っていうのは、所詮、社会や他人から与えられた尺度で計った時に生まれるものなので、社会の常識や価値観で理由も変わります。

理由を求める人は、他人の価値観に振り回されていると言ってもいいでしょう。

確率が高いとか、再現性が高いとか、みんなが参加してるとか、理由を求めることにあまり価値はありません。

まあ、「他と同じでありたい」と思うなら、理由を優先して価値判断をすれば、間違いなく他人と同じような自分になることが出来るので、その場合の価値は高いですが。

僕らは「自分として生きたい」「特別でありたい」「他と同じは嫌だ」と考える人種です。

でなければ、こんなもの読んでないと思うので(笑)

であるなら、やっぱり何よりも重要視すべきことは、「自分だけの意味性」です。

合理や論理の果てに意味性に行き着くこともあるし、直感で一気に行き着くこともあるし、自分の中の原風景を思い出すことによって行き着くこともあります。

果てか、飛んだ先か、足元か、どこに自分だけの意味性があるかは人それぞれですが、合理や論理を超えた先にしか、ブレイクスルーはないのです。

社会的な合理性・論理性とは、「社会で生きて行くのに都合のよい選択」ってことなので、当然ですが、無難な選択をすることになります。

逆に、意味性を求めることは、ある意味で、とても頑固になることです。

自分自身が信じるものを信じ、失敗したとしてもそれを受け入れることが出来る。

さらに多くを望むとしたら、「柔軟性」を持って欲しいので、

八百万の神の存在を認める

ってことをして欲しいですが、これに関しては割と日本人には民族的に馴染みのある思想なので、認識さえしていれば問題はないかな、と。

怖いのは西洋的な一神教の神で、失敗してもそこから抜け出してパラダイムシフトやブレイクスルーが起こせず、まるで呪いのように自分を縛り付けてしまうことです。

意味は無限にあり、ただ自分はその1つに気付いただけだ、ってぐらいの楽なスタンスがお勧めです。

一神教的なスタンスは確かに強いです。

「金を稼ぐことこそ正義だ」と思えば、合理や論理を超越して、金を稼ぐことに没頭出来る。でもこれの行き着く先は崖ですからね。

チキンレースと同じです。

「死ぬまで止めるに止められない」

八百万的なスタンスだと、無限の可能性がある。

行き詰まったら、それまで信じてきた意味性(神)に感謝した上で、次の意味性を求めればいいだけです。

だから、意味を感じることをやりましょう。

極端な話、誰にも理解されなくてもいいです。

これは「フェチ」とか、「性癖」と同じレベルの話です。

異常でいいんですよ(笑)

んで、

悪魔の合宿には、打算で参加するのではなく、自分だけの意味性で参加して欲しい。そうすればより多くのことが学べるはずです。

人類の道具の進化

首から下が動かない車椅子に乗った17歳の少年が1億円を稼げた秘密

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング