ネットビジネス大百科物語

わりばしをくわえた車椅子の少年は、たった1人でどうやって1億円を稼いだのか?

人生

自分が好きなことをやりなさい。 そして、たくさんやりなさい。 何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。 今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。 時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。 , ,
「クリエイター」や「アーティスト」って本質的には完全に「無駄な物」を生み出している。歌も、絵も、プログラムも、全部、別に無くてもいい。だから多くの人は、「あったら便利なもの」に注目して、大量生産することこそが「正しい」と思っている。 , , ,
目の前の「幸福」と名付けられたニンジンを手に入れようとひたすら走っている我々は、それが「決して手に入らないものである」と突然告げられました。 我々は、今後何を目指して走ればいいのでしょうか? , , ,
どうも、和佐です。世界で一番簡単な成功法則があるとすれば、それは「事故ること」です。 最近特に思うことですが、世の中の99%の人間が「自分の力で成功出来ない理由」は、「自ら望んで首の骨を折ることが出来ないから」です。もしかすると僕ら人間は、そもそも「成功する生き物」ではないのかもしれません。 よくよく考えれば当たり前… , , , , , ,
僕はしばしば不安になることがあります。様々な場面で、さまざまな人から 「人間って、幸せになるために生きてるんですよね」 という類の発言を聞くからです。果たして、人間は「幸せになるために」生きているのでしょうか。本当に、いつか幸せになれるのでしょうか。 , , , ,

著者プロフィール

和佐大輔(Wasa Daisuke)

なぜ、割箸を咥えているのか?

身体障害者認定の最高度である第1級身体障害者であり、1人で年商1億円を達成した起業家。12歳のとき、不慮の事故でテトラポッドに激突し首から下の運動機能をすべて失い、17歳でパソコン1つで起業した後、口に咥えたわりばし1本で年商1億円を達成。日本インターネットビジネスの業界では数少ない”本物の“マーケッター系起業家。将来は漫画家、映画監督になるべく精力的に活動を行っている。

人気の記事

ネットビジネス大百科について

【無料公開】0から稼ぐ1人ビジネス

テトラポッドに札束を

和佐大輔について

木坂健宣について

サイトランキング